株式会社プロット

新着情報一覧

アーカイブ

2017.06.06

Enterprise IT 2017 出展のご報告

株式会社プロット(本社:大阪市北区、代表取締役社長:津島 裕)は、2017年5月23日(火)から25日(木)の日程で開催されたシンガポールのIT展示会「Enterprise IT 2017」へ出展致しました。

【主な展示サービス・ソリューション】
[1] 分離されたネットワーク間でのファイル授受・ファイル無害化システム「Smooth File ネットワーク分離モデル」
分離されたネットワーク間でのファイル授受・ファイル無害化システム「Smooth Fileネットワーク分離モデル」は、組織内のネットワークを情報系ネットワークと基幹系ネットワークなどに分離している環境において、異なるネットワーク間でのファイル授受を行うシステムです。
ファイルをアップロードした際に「Officeファイルのマクロ除去」「PDFファイルのスクリプト除去」「画像ファイルのメタ情報除去」「OfficeファイルのPDF化」等、自動でファイルを無害化し渡すことができます。また、ファイルがアップロードされた際の上長承認により不正なファイル持ち込み・持ち出しを防止し、操作ログにより追跡調査ができます。

[2] メール本文や添付ファイルの無害化システム「メール無害化ソリューション」
メール本文や添付ファイルの無害化システム「メール無害化ソリューション」は、標的型メール攻撃の対策として従業員・職員宛の有害メールを自動で無害化するソリューションです。
メールの内容を検査し、HTMLメールのテキストメール変換、メール本文内のURLを非リンク化、添付ファイルの隔離、隔離した添付ファイルの無害化を行います。
また、無害化を施したメールと無害化を施していないメールを二重に配信し、オリジナルメール用のメールサーバーと無害化用のメールサーバーに振り分けることができます。
本ソリューションは、既存のメール環境にアドオンできる構成のため、使い慣れたメールクライアントを変更することなく導入が可能です。
さらに、隔離した添付ファイルは、「Smooth File」で無害化しブラウザ経由でダウンロードすることで安全に取扱いが可能です。無害化を施す前のメールは、オリジナルメールを「Mail Gazer」でアーカイブし、ブラウザでアクセスし閲覧できます。

[3] 無料から始められる標的型攻撃訓練クラウドサービス「CYAS (Cyber Attack Simulator)」
無料から始められる標的型攻撃メール訓練クラウドサービス「CYAS (Cyber Attack Simulator)」は、従業員・職員に対して疑似的な標的型攻撃メールを配信し、添付ファイルを実行したり、本文内のURLへアクセスしたりというような被害に繋がる行動をするかどうかをチェックする訓練サービスです。
疑似攻撃メールを開封・実行もしくは閲覧したユーザーに対して、標的型攻撃メールに対する具体的な注意事項などを教育する為のコンテンツを表示し、組織全体のセキュリティ意識の向上に貢献します。
また、訓練の実施結果はWEBブラウザ上の管理画面から確認する事ができます。

[4] ファイル無害化エンジン「Fast Sanitizer」
ファイル無害化エンジン「Fast Sanitizer」は、当社がネットワーク間ファイル交換ソリューションとして従来より提供している「Smooth Fileネットワーク分離モデル」に実装していた「ファイル無害化機能」をベースにして新規に開発したファイル無害化に特化したシステムです。
分離されたネットワーク間でのファイル交換の仕組みを導入済の環境に対して、ファイル無害化のみを行うシステムとして追加することができます。

展示会の様子


当日の弊社ブース


接客の様子。多くのご来場者様にお立ち寄り頂きました。

当日は弊社ブースへお立ち寄りくださりありがとうございました!
これからも日本国内のみならず、海外でも企業様の安全な業務を手助けするためのシステムを皆様にご提供させて頂きます。
今後とも変わらぬお引き立てのほど、よろしくお願い申し上げます。