株式会社プロット

GREETING 代表ご挨拶

「私たちにしかできないことをしよう!」を実現すべく、
常に変革に挑戦し続け、世界で通用するサービスを開発していきたい。

プロットは、創業から50年という歴史を持ちながら、写植からDTP、そしてITへと常に先を見据え、変革と進化を続けてまいりました。

ただ、プロットには変革と進化のなかにも一貫して持ち続けているフィロソフィーがあります。
それはお客様や社員の満足・笑顔・感動を産み出したいという気持ちです。そして、その結果、地域社会にも貢献し、お客様や社員が誇りを持つことのできる会社であり続けたいと考えています。

プロットの企業理念である「私たちにしかできないことをしよう!」は、今までの世の中にはないイノベーションを起こし、お客様に高い技術力で付加価値の高いシステムを提供することはもちろんのこと、社員の自主性や創造性を尊重し、社員の夢や成長を実現できる場として、社員の活躍できる会社であり続けたいとの想いを込めています。

また、創業50周年を機に、次の50年を見据え、さらにプロットを発展させるべく、会社の方向性や社員の意識や行動の道標をPlott Wayとして制定しました。

情報社会である現在、プロットは企業の大切な資産である情報を守るべく、利便性と安全性の高い企業間コミュニケーションを実現するための製品やサービスを展開しています。

当社の製品やサービスは、建設業、製造業他、さらには全国の自治体など多くのお客様に導入して頂いております。また、グローバルへの展開も推進しています。

ここまで来れましたのも、ひとえにお客様や協力会社様のご支援、そして社員の努力があってのことだと考えております。

今後私たちプロットは、「Create Next Communication(次世代コミュニケーションの創造)」を目指して、先端技術であるAI、IoT、VR等を活用し、SCT(セキュアコミュニケーションテクノロジー)分野で、企業や地域社会の発展に貢献すべく、迷うことなく全力で前進していきます。

株式会社プロット 代表取締役社長津島 裕