Temp Box テンプボックス

製品概要

普段の運用を変えずに情報漏洩のリスクを解消
電子メール暗号化システム Temp Box

近年、メールの添付ファイルの暗号化を社内ルールとして義務付ける企業が急速に増えています。しかし、社員に暗号化を義務付けても、煩雑な暗号化作業による業務効率の低下や管理者側からルールが実際に守られているかわからないといった問題があります。Temp Boxはこれらの問題を解決し、情報漏洩のリスクを解消することが出来るセキュリティ製品です。

情報セキュリティ対策ご担当者様向け、
電子メール無害化による標的型攻撃メール対策も

昨今の標的型攻撃に利用される電子メールを無害化し、職員のメール関連業務を安全に運用する「電子メールの無害化対策」が総務省のガイドラインにより推奨されています。
プロットは、電子メール暗号化システム「Temp Box」に届いたメールを添付ファイルとテキストに分ける機能を追加。標的型攻撃を無効化し、電子メール環境の安全と運用負荷を軽減、支援を行っています。

主な特徴

  • パスワード付暗号化(圧縮)ファイルへ自動変換して手間を省力化
  • 「メール配信遮断機能」で誤送信防止対策を手軽に導入
  • ネットワーク接続を変更せず簡単設置
  • ドメイン・メールアドレス・添付ファイルの有無によって標的型攻撃メールを判定
  • HTMLメールのテキスト化、URLリンクの無害化、添付ファイルの削除・隔離で安全なメール運用が可能
  • 庁内のメールサーバーに無害化メールとオリジナルメールを二重配送

ラインナップ

添付ファイルを自動的に
パスワード付ファイルへ暗号化(圧縮) Temp Box

  • アプライアンス
  • 下層アプライアンス
  • クラウド
詳しくはこちら

標的型攻撃メール等からの情報セキュリティ対策
電子メール無害化対策ソリューション Temp Box

  • for LG-WAN
詳しくはこちら

よくある質問

暗号化(圧縮)ファイルの開封に特別なアプリケーションは必要ですか?
添付ファイルの受信とZIPファイルの解凍が可能な環境があれば、特別なアプリケーションは必要ございません。
ユーザー数無制限とありますが、メールの送信量に制限はありますか?
送信量に制限はございません。
1台のアプライアンスで対応しきれない可能性がある場合、別途冗長構成を提案させていただきます。
添付ファイルの容量に制限はありますか?
容量に制限はございません。受信メールサーバーで受信できない大容量の添付ファイルは「Smooth File連携機能」を使って送信することが可能です。
どのメールソフトに対応していますか?
ほぼ全てのメールソフトに対応していますが、数年前の一部のメールソフトでは動作しない場合があります。
特定の宛先(メールアドレス)だけ暗号化することは出来ますか?
管理画面で設定した条件に応じて暗号化することが出来ます。
情報漏えい防止にご活用頂けます。
保守サポートはおこなっていますか?
Temp Boxの保守については、弊社が窓口となり対応させていただきます。
※保守を受けるには有償サポート契約が必要となります。